避妊用ピルのトリキュラーの特徴

トリキュラーは日本で使われる避妊用のピルのなかでも一番ポピュラーなものです。
排卵の抑制・子宮への着床阻害・子宮頚管で静止通過阻害などの作用があり、その3つがどれも避妊に繋げることができます。
避妊用ピルというと身体的な負担が大きいと思われている女性、実際にそれを経験した女性は多いです。

このピルは従来のものと比べて、服用後に頭痛や吐き気や倦怠感といった身体的な負担が非常に小さいように作られているのが特徴の一つでもあります。
そのため、今まで避妊用ピルを使わなかった人や止めた人のなかにも、トリキュラーならば安心と言うことで避妊対策として定期的に服用している女性は決して少なくありません。
しかし、この医薬品は決して避妊対策のみにしか使えないというわけではないのです。
なぜならば、生理のサイクルそのものに影響を与えることができるからです。

たとえば、仕事やストレスなどで生理不順になる女性は年々増加しています。
その生理不順を正常なサイクルに整えることができるのもこのトリキュラーの特徴です。
生理不順をそのままにしておくと子供が出来にくくなる体質になることが知られています。
つまり不妊となってしまうのです。

しかし、このピルを利用することによって生理不順が正常に戻ります。
そうすることによって、不妊の予防としても効果を発揮することになるのです。
避妊用のピルですが、使いようによっては不妊対策になるというちょっと変わった医薬品となっています。
また、生理のサイクルをわざと遅らせると言うこともできます。
たとえば、あと1ヵ月後に数日間の旅行があるとします。
そのときに生理がきてしまって生理痛となってしまったら、せっかくの旅行が台無しになってしまうのです。

そこで旅行がある日から逆算して、このトリキュラーを服用するようにすれば、旅行の日に生理がこないようにすることが可能となります。
もちろん、旅行以外でも利用することができます。

結婚式挙式や大切なイベントや仕事のときに生理にならないように調整する人は決して少なくありません。
大切な日を悔いを残さないように楽しむことができるようになります。
このトリキュラーは基本的には医師の処方を元にドラッグストアや薬局などで購入することになります。

しかし、ピルを購入するたびに処方箋をもらいに医療機関に行くというのは手間になりますし、診察料や調剤料などの購入費とは違う出費を強いられることもあるのです。
そのため、定期的に利用している人のなかには、個人輸入代行サイトを活用している女性も少なくありません。
というのも、個人輸入の場合では処方箋を必要としないからです。
一見すると輸送費などでお金がかかるイメージがありますが、実際には輸送費を含めても日本で購入するよりも安く手に入れることができるのです。
もしも、医療機関に行く余裕がないときは、この個人輸入サイトを活用するのも一つの手段だと言えるでしょう。

Comments are closed.