ホルモン分泌の自然なパターンで体への負担が少ない低用量ピル トリキュラー

体内に女性ホルモンを補充することで避妊の効果が期待できる、いわゆる低用量のピルにはたくさんの種類があります。
そんな低用量ピルの中で、日本国内で一番人気があるのがトリキュラーという薬です。
トリキュラーは世界中で有名なドイツの超大手製薬メーカーのバイエル社により製造・販売されています。
低用量ピルにもいろいろなタイプがありますが、この薬の一番の特徴は、女性の生殖機能に関わるホルモン分泌を自然なパターンにできるだけ近づけることで薬として用いるホルモンの量を極力抑えていることです。
女性ホルモンにはいくつか種類がありますが、トリキュラーは排卵と妊娠に深く関わる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きを利用した薬です。
これらのホルモンを体内に補充することで排卵をおさえます。
また受精卵が着床しにくい環境を作ったり、精子が子宮内まで到達するのを防止することで妊娠を防ぐ仕組みになっています。
また有効成分であるホルモンが同じ濃度の薬を飲み続けるのではなく、用量が三段階に分かれて処方されるのもこの薬の特徴です。
この様な薬は一般に三相性タイプと呼ばれています。
トリキュラーの服用期間においては、含まれるホルモンの量が異なるものを3ステップを経て段階的に服用していきます。
この三相生の飲み方によって、体内には女性の体が本来持っているホルモン分泌のパターンによく似た形でホルモンが補充されるのです。
これはこの薬を用いる大きなメリットで、体に大きな負担を与えずにホルモンのバランスを調整して妊娠しにくいホルモンの状態を維持することが可能になります。
また、同じ用量の薬を期間中ずっと服用することに比較すると、三相性タイプの方が1性周期の間に摂取する薬としてのホルモン量は少なくて済みます。
この点でも、女性の体への負担が少なくなっている低用量ピルであると言えます。
その分、飲み方については注意が必要で、医師から細かい指示があるはずです。
微妙なホルモンのバランス調整で避妊の効果を得るのが目的の薬なので、飲み忘れたりすると避妊の効果に影響が出てしまうことが考えられるからです。
三相性のそれぞれの薬は、指示された順番を守った上でできるだけ決まった時間に服用するようにします。
これは、体内のホルモンの量が最大限効果を発揮する濃度を保つように処方されているからです。
また医薬品である限りは、副作用についての知識も必要です。
低用量ピルの中でも、三相性タイプのトリキュラーはトータルで摂取するホルモンの量は他のピルに比べて最大限に抑えてありますので副作用の可能性は低くなっています。
ただ、飲み始めの頃には当然ホルモン環境が微妙に変化しますので、頭痛や吐き気、下腹部痛などの症状が現れる人もします。
飲み始めの頃のこうした副作用症状はほとんどが心配のいらない一過性のものですが、医師にいつでも相談できる体制を確保しておけばより安心して服用できます。

Comments are closed.