女性のためにつくられたトリキュラー

ご存知の通り、性交渉をすると精子と卵子が出会い、結果として妊娠をしまうのですが、性交渉はしたいけれど、妊娠はしたいないという人も多いはずです。
その場合は、男性側がコンドームをして避妊することが多いでしょう、しかしこれは確実かと言われるとそうではない部分もあります。
だってゴムが破れてしまい、精子が膣内に漏れ出すという可能性があるのですからね。
だから女性側の対策として、トリキュラーも活用するのがおすすめです。
これは経口避妊剤、低用量ピルになります。
製造元はバイエル社で、ドイツでは知らない人がいないというほど大手製薬会社です。
日本でも、効果が期待できるとして人気があり、効果としては、まずはホルモンの分泌系に作用して、排卵をおさえてくれますよ。
そうすることによって、妊娠を根底から予防することが可能になるでしょうし、精子が子宮内に侵入しにくくする効果だってあります。
万が一、受精卵ができたとしても、着床するのを予防することもできるので、高い確率で妊娠を避けられるはずです。
トリキュラーの特徴は、三相性タイプの薬であることです。
通常、風邪薬でもそうですが、服用期間中は同じ量を飲み続けますよね。
しかしこの薬はそうではなく、段階に応じてホルモン量の違う錠剤を1錠ずつ飲んでいくのです。
これにより、ホルモンの分泌をより自然な分泌に近づけることができます。
つまり、体への負担が少なくてすむということなのですが、飲む薬の順番は決められているので、指定通りに飲んでいくようのしてくださいね。
1日1錠、飲むタイミングは食後でも食膳でもかまいませんよ。
もしも飲み忘れた場合のことも説明しておきましょう。
気がついた時間が、服用する時間から24時間経っていないなら、すぐに飲んで大丈夫です。
もちろんその日の分も、いつもの時間に飲んでいいのですが、24時間経っている場合は違います。
継続して飲んできた薬の避妊効果が激減している可能性があるため、7日間薬をいったん飲むのをやめる必要があるのです。
また7日間が経過してから、新しいシートを使いましょう。
その間は、別に避妊法を使うわけですが、コンドームや、基礎体温をつけておいて排卵のない日を選ぶなどがあげられます。
またトリキュラーは避妊だけではなく、生理不順の人の治療にも使われる薬です。
例えばですが、旅行に行く場合などは生理があると日だと嫌だと感じる女性もおおいことでしょう。
生理周期がきっちり28日であれば予定も立てやすいですが、生理不順の場合はそうはいきません。
あと、この薬のすごいところは生理をずらす効果があることです。
南の島に行くのに生理で泳げないと困りますし、白いドレスを着る日に生理があったらドレスが汚れないか常に心配していないといけませんよね。
そうです、総合的に考えるとトリキュラーは女性の強い味方になってくれる薬なのです。
だからこそトリキュラーを活用する人が増えているのでしょう。

Comments are closed.