避妊とPMS改善、トリキュラーの効果

トリキュラーとは、避妊のための飲むお薬です。
排卵がおこらないようにしたり、精子が子宮に入れないようにしたり、入った場合に着床しないようにしたりする働きがあります。
飲み方は、1日1錠、毎日同じ時間に服用します。
生理の1日目から服用できれば、その日から避妊の効果があります。
生理が既に始まってしまった場合、生理開始から初めての日曜日から飲み始めます。

この時避妊効果は2週間後からになりますので、この2週間の間は別の避妊方法が必要です。
効果は、お薬の飲み忘れをしなければ、ほぼ確実に避妊ができます。
飲み忘れると排卵がおきるので妊娠する可能性があります。
ご自分の飲みやすいタイミングを見つけたり、家で飲み忘れた時に外出先でも飲めるようにバッグにも入れて持ち歩くと良いでしょう。
副作用については個人差がありますが、 頭痛、吐き気、お腹の痛みなどとされていますが、体が慣れてくると症状が治まってくる方もいるようです。
一番気をつけたいのが血栓症という副作用です。
血栓症は血液の一部が凝固して血管が詰まってしまう病気です。
40歳以上のかた、肥満気味な方、元々高血圧な方、その他持病のある方は特に血栓症になるリスクが高いようです。
これを防ぐには、トリキュラーの服用中にはタバコを吸わないようにすることが大切です。
若くて健康な方でも服用される方は禁煙をした方が安全です。
副作用とは逆にトリキュラーを飲むと良い点もあります。
体内のホルモンバランスが整って生理前のイライラやだるさ、生理中の腹痛や頭痛など生理に関わ関わる不快の改善に効果があります。

避妊をするためではなく、そのようなPMSの症状の改善のためにも病院で処方されています。
また、トリキュラーを飲むと太るとおっしゃる方もおられるようですが、ホルモンの変化で食欲が増すことはあるかもしれません。
他には、ホルモンが整ったお陰で肌に張りが出てピチピチとした感じになる事も考えられます。
体重が増えていなくても太って見えるのはこのことによるようです。
肌の調子が良くなったり、バストが大きくなったり、体毛が薄くなったりと女性ホルモンならではのメリットも沢山あります。
ホルモンなどについての詳しい解説はこちら→http://www.markmancina.com/knowleage-7.html

女性ならいつかは赤ちゃんを産み、幸せな家庭で育てたいという気持ちは誰しもあると思います。

ただ、悲しいことですが全ての妊娠が望まれたものではないという事は事実です。
そして、女性から男性に避妊の話題は持ちかけにくく、また男性も避妊に慎重でない人も少なくはありません。
女性として幸せな人生を送るには、いつ赤ちゃんを産むかを自分でしっかりと考えて決めておくことも必要です。
生まれてくる赤ちゃんも一人の人格ある人間です。
お母さんになるための理想の環境を整えてから赤ちゃんを迎えられるように、女性が自らコントロールするのは知的な方法だと思います。
お薬には確かに副作用というリスクもありますが、それを回避、予防できる可能性もありまた、メリットもあります。
日本の沢山の女性がこの選択によって、より自由で幸せな生活を送れますように心から応援したい気持ちです。

避妊用ピルのトリキュラーの特徴

トリキュラーは日本で使われる避妊用のピルのなかでも一番ポピュラーなものです。
排卵の抑制・子宮への着床阻害・子宮頚管で静止通過阻害などの作用があり、その3つがどれも避妊に繋げることができます。
避妊用ピルというと身体的な負担が大きいと思われている女性、実際にそれを経験した女性は多いです。

このピルは従来のものと比べて、服用後に頭痛や吐き気や倦怠感といった身体的な負担が非常に小さいように作られているのが特徴の一つでもあります。
そのため、今まで避妊用ピルを使わなかった人や止めた人のなかにも、トリキュラーならば安心と言うことで避妊対策として定期的に服用している女性は決して少なくありません。
しかし、この医薬品は決して避妊対策のみにしか使えないというわけではないのです。
なぜならば、生理のサイクルそのものに影響を与えることができるからです。

たとえば、仕事やストレスなどで生理不順になる女性は年々増加しています。
その生理不順を正常なサイクルに整えることができるのもこのトリキュラーの特徴です。
生理不順をそのままにしておくと子供が出来にくくなる体質になることが知られています。
つまり不妊となってしまうのです。

しかし、このピルを利用することによって生理不順が正常に戻ります。
そうすることによって、不妊の予防としても効果を発揮することになるのです。
避妊用のピルですが、使いようによっては不妊対策になるというちょっと変わった医薬品となっています。
また、生理のサイクルをわざと遅らせると言うこともできます。
たとえば、あと1ヵ月後に数日間の旅行があるとします。
そのときに生理がきてしまって生理痛となってしまったら、せっかくの旅行が台無しになってしまうのです。

そこで旅行がある日から逆算して、このトリキュラーを服用するようにすれば、旅行の日に生理がこないようにすることが可能となります。
もちろん、旅行以外でも利用することができます。

結婚式挙式や大切なイベントや仕事のときに生理にならないように調整する人は決して少なくありません。
大切な日を悔いを残さないように楽しむことができるようになります。
このトリキュラーは基本的には医師の処方を元にドラッグストアや薬局などで購入することになります。

しかし、ピルを購入するたびに処方箋をもらいに医療機関に行くというのは手間になりますし、診察料や調剤料などの購入費とは違う出費を強いられることもあるのです。
そのため、定期的に利用している人のなかには、個人輸入代行サイトを活用している女性も少なくありません。
というのも、個人輸入の場合では処方箋を必要としないからです。
一見すると輸送費などでお金がかかるイメージがありますが、実際には輸送費を含めても日本で購入するよりも安く手に入れることができるのです。
もしも、医療機関に行く余裕がないときは、この個人輸入サイトを活用するのも一つの手段だと言えるでしょう。

トリキュラーについて調べてみたら

避妊ピルのことは、女性なら一般常識として知っていることですが、男性はあまりその効果などを知らないでしょう。
ネットではさまざまな医薬品についての情報がサイトを通じて流されており、今まで知らなかったピルのことも簡単に調べられるようになりました。
ふとしたきっかけでピルについて調べていたら、トリキュラーのサイトが出てきました。
このピルはかなりメジャーな商品で、クリニックで処方してもらえます。

この薬を飲んだ女性は、女性ホルモンが人工的に増えることで排卵を抑制され、着床しにくい体になり、結果として避妊効果が得られるのです。
低用量ピルと呼ばれる種類に分類されるこの薬は、使われている女性ホルモンの量が低いためこう呼ばれています。
今は避妊を目的にしたピルがオーソドックスになっていますが、かつては避妊のためにピルを使うことが許されない時代もありました。
しかし、今は避妊のために低用量ピルを使うのが当たり前になり、女性が避妊しやすい状況もできています。
ネットでいろいろ調べてみれば、さらにトリキュラーについて歴史の深さや、副作用のこと、効果の大きさなどを知ることができます。

この薬は日本で簡単に処方してもらえる他に、海外医薬品の販売サイトで個人輸入することもでき、安く手に入れ、使い続けることが可能です。
もちろん、用法や用量は医師による説明を受けてからのほうがいいですが、一度使いだしたら後はすべて同じなので、最初だけはクリニックでもらい、後は海外医薬品販売サイトで買うのがベストでしょう。
こうした薬は意外と長期にわたって飲み続けるので、高い薬は経済的な負担も重くなってしまうのです。
信頼できる業者から安く買い、合理的な避妊ができるよう、賢い使い方をしましょう。

強い薬には副作用があります。
トリキュラーにも、ホルモン環境の変化により、生理以外の出血があったり、乳房が異常に張るとか、吐き気などをもよおすことが多いです。
これらは一過性のもので、すぐにおさまるのが一般的ですが、万一健康に影響が出るほどの状況になったら、すぐに医師の診断を受けましょう。
ピルは女性ホルモンを人工的に体内に入れて避妊しやすい状態を作る薬です。
最近は月経不順を治療する目的でこれを使う人もいますが、気軽に利用すると危険ですので、毎回体調を考えて使うことが重要になります。

ブログなどで実際にトリキュラーを使い、避妊に成功している女性の記事をよく見ます。

彼女たちはもはや生活の中にこのピルが組み込まれているので、ベテランと呼んでいいでしょう。
最初はおっかなびっくり使っていた彼女たちも、慣れるにしたがって避妊効果の高さに信頼を置くようになり、身近な存在とピルを認識するようになりました。
値段的な面はやはり高いようで、少しでも安く買うために彼女たちも四苦八苦していますが、昔に比べるとネット環境も整ったので、海外医薬品販売サイトでの購入も楽になったようです。

低用量ピルのトリキュラー

避妊をするときに、手軽に使え高い避妊率を誇るのは、コンドームと頭に浮かぶと思います。
しかし残念ながら、避妊率が100パーセントの方法ではないのも事実です。
見えない穴が開いていたり、使用法を間違ってしまって妊娠した、というのはよくあることです。

使用法を間違えた、というのはちゃんと確認すればよいだけのことですが、小さい穴に関しては難しい問題です。
リングや避妊手術を受けるといった大掛かりな避妊法も、女性の体に大きな負担がかかるリスクがありすぎてオススメはできません。
しかし、ピルはどうでしょう。
婦人科で相談すると、処方してくれるお薬です。
もしコンドームや他の避妊法を使うかどうか考えてしまうならば、ピルはとても便利で利用価値があります。
特に低用量ピルといわれるタイプが、手軽に利用しやすいようです。
もっとも人気のあるピルの一つに、トリキュラーがあります。

このお薬は、ドイツのバイエル社が開発しているもので、かなり知名度があります。
自然に出るホルモンに似せて、薬のホルモン含有量を抑えた三相性と呼ばれる低用量ピルです。
卵巣・黄体ホルモンの働きで、避妊する効果を狙っています。
女性のホルモン分泌系に影響を及ぼして、排卵を抑え、妊娠しないようにします。
受精卵が着床するのを防止させたり、子宮の中に精子が侵入するのを防ぐこともします。
用量を三段階に分けて、避妊する効果を出すタイプのお薬です。

服用している間は、1錠中のホルモン含有量が違う錠剤を段階に分けて飲用することで、通常のホルモン分泌と似た効果がでます。
他のピルと比べて、女性の敏感な体に負担がかからないようなお薬になっていますので、気軽に用いられます。
高い避妊率を持っていて更に利用する期間や用量が少なくて済むので、女性にとってはうれしいものです。
生理不順な方でも、心配なく利用できるタイプのお薬です。
この薬は28日周期に整えてくれる効果があるからです。

生理の来る目処が立つので、旅行に出かけたり、プールを利用する日程を考えたり、家族計画を見直すこともできます。
どのお薬もそうですが、決められた用法、錠数を必ず守りましょう。
1日1錠決められた順番で指示通りの時間に、食前食後関係なく服用します。

飲み忘れたとしても、24時間以内であれば飲み忘れた分を服用してください。
必ず、1日摂取しなければならないお薬は飲みましょう。
万が一お薬を飲むのを忘れてしまってから24時間以上たっていた場合は、7日間トリキュラーを中止して他の避妊方法にいったん変更しましょう。
7日以降から再開するときには、新しいシートから始めましょう。
避妊以外の目的で服用している場合は、気づいたときに2錠服用してから翌日に1錠ずつ決められた時間に飲むと効果的があるようです。
ただしこの際には、お医者様に報告しておくとよいでしょう。
診察内容や、ご自身の体質などもあります。
服用が間違ってしまったら副作用が出る恐れもありますので、必ず受診しているお医者様には相談しておきましょう。

ホルモン分泌の自然なパターンで体への負担が少ない低用量ピル トリキュラー

体内に女性ホルモンを補充することで避妊の効果が期待できる、いわゆる低用量のピルにはたくさんの種類があります。
そんな低用量ピルの中で、日本国内で一番人気があるのがトリキュラーという薬です。
トリキュラーは世界中で有名なドイツの超大手製薬メーカーのバイエル社により製造・販売されています。
低用量ピルにもいろいろなタイプがありますが、この薬の一番の特徴は、女性の生殖機能に関わるホルモン分泌を自然なパターンにできるだけ近づけることで薬として用いるホルモンの量を極力抑えていることです。
女性ホルモンにはいくつか種類がありますが、トリキュラーは排卵と妊娠に深く関わる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きを利用した薬です。
これらのホルモンを体内に補充することで排卵をおさえます。
また受精卵が着床しにくい環境を作ったり、精子が子宮内まで到達するのを防止することで妊娠を防ぐ仕組みになっています。
また有効成分であるホルモンが同じ濃度の薬を飲み続けるのではなく、用量が三段階に分かれて処方されるのもこの薬の特徴です。
この様な薬は一般に三相性タイプと呼ばれています。
トリキュラーの服用期間においては、含まれるホルモンの量が異なるものを3ステップを経て段階的に服用していきます。
この三相生の飲み方によって、体内には女性の体が本来持っているホルモン分泌のパターンによく似た形でホルモンが補充されるのです。
これはこの薬を用いる大きなメリットで、体に大きな負担を与えずにホルモンのバランスを調整して妊娠しにくいホルモンの状態を維持することが可能になります。
また、同じ用量の薬を期間中ずっと服用することに比較すると、三相性タイプの方が1性周期の間に摂取する薬としてのホルモン量は少なくて済みます。
この点でも、女性の体への負担が少なくなっている低用量ピルであると言えます。
その分、飲み方については注意が必要で、医師から細かい指示があるはずです。
微妙なホルモンのバランス調整で避妊の効果を得るのが目的の薬なので、飲み忘れたりすると避妊の効果に影響が出てしまうことが考えられるからです。
三相性のそれぞれの薬は、指示された順番を守った上でできるだけ決まった時間に服用するようにします。
これは、体内のホルモンの量が最大限効果を発揮する濃度を保つように処方されているからです。
また医薬品である限りは、副作用についての知識も必要です。
低用量ピルの中でも、三相性タイプのトリキュラーはトータルで摂取するホルモンの量は他のピルに比べて最大限に抑えてありますので副作用の可能性は低くなっています。
ただ、飲み始めの頃には当然ホルモン環境が微妙に変化しますので、頭痛や吐き気、下腹部痛などの症状が現れる人もします。
飲み始めの頃のこうした副作用症状はほとんどが心配のいらない一過性のものですが、医師にいつでも相談できる体制を確保しておけばより安心して服用できます。

女性のためにつくられたトリキュラー

ご存知の通り、性交渉をすると精子と卵子が出会い、結果として妊娠をしまうのですが、性交渉はしたいけれど、妊娠はしたいないという人も多いはずです。
その場合は、男性側がコンドームをして避妊することが多いでしょう、しかしこれは確実かと言われるとそうではない部分もあります。
だってゴムが破れてしまい、精子が膣内に漏れ出すという可能性があるのですからね。
だから女性側の対策として、トリキュラーも活用するのがおすすめです。
これは経口避妊剤、低用量ピルになります。
製造元はバイエル社で、ドイツでは知らない人がいないというほど大手製薬会社です。
日本でも、効果が期待できるとして人気があり、効果としては、まずはホルモンの分泌系に作用して、排卵をおさえてくれますよ。
そうすることによって、妊娠を根底から予防することが可能になるでしょうし、精子が子宮内に侵入しにくくする効果だってあります。
万が一、受精卵ができたとしても、着床するのを予防することもできるので、高い確率で妊娠を避けられるはずです。
トリキュラーの特徴は、三相性タイプの薬であることです。
通常、風邪薬でもそうですが、服用期間中は同じ量を飲み続けますよね。
しかしこの薬はそうではなく、段階に応じてホルモン量の違う錠剤を1錠ずつ飲んでいくのです。
これにより、ホルモンの分泌をより自然な分泌に近づけることができます。
つまり、体への負担が少なくてすむということなのですが、飲む薬の順番は決められているので、指定通りに飲んでいくようのしてくださいね。
1日1錠、飲むタイミングは食後でも食膳でもかまいませんよ。
もしも飲み忘れた場合のことも説明しておきましょう。
気がついた時間が、服用する時間から24時間経っていないなら、すぐに飲んで大丈夫です。
もちろんその日の分も、いつもの時間に飲んでいいのですが、24時間経っている場合は違います。
継続して飲んできた薬の避妊効果が激減している可能性があるため、7日間薬をいったん飲むのをやめる必要があるのです。
また7日間が経過してから、新しいシートを使いましょう。
その間は、別に避妊法を使うわけですが、コンドームや、基礎体温をつけておいて排卵のない日を選ぶなどがあげられます。
またトリキュラーは避妊だけではなく、生理不順の人の治療にも使われる薬です。
例えばですが、旅行に行く場合などは生理があると日だと嫌だと感じる女性もおおいことでしょう。
生理周期がきっちり28日であれば予定も立てやすいですが、生理不順の場合はそうはいきません。
あと、この薬のすごいところは生理をずらす効果があることです。
南の島に行くのに生理で泳げないと困りますし、白いドレスを着る日に生理があったらドレスが汚れないか常に心配していないといけませんよね。
そうです、総合的に考えるとトリキュラーは女性の強い味方になってくれる薬なのです。
だからこそトリキュラーを活用する人が増えているのでしょう。

定期出血があるからこそトリキュラーは安心

避妊薬を昔から服用している方の中には、定期的な出血が起きなくて不安になったという方も多いのではないでしょうか。
それは定期出血が止まってしまう避妊薬も昔は多かった為で、実は妊娠しているのではないかと不安になる事もあったのです。
不安な気持ちになるぐらいであれば、コンドームを使用した方が良いと考える人も少なくありませんでした。
そんな考えを持っている方も、実際には避妊薬を使いたいと内心では思っているものです。
そういう方々に試してみてほしいのがトリキュラーで、通常時と同じ様な生理を起こす事が出来ます。
定期出血を引き起こせる医薬品だからこそトリキュラーは評価されており、海外では大きな安心感を得る製品として愛用されているんです。
妊娠したか分からないのが避妊薬の嫌なところだったと思うのなら、この医薬品ほどぴったりなものはないでしょう。
かなり前の避妊薬の使い心地が悪かったという方、久々に避妊薬を使ってみようかと思えるだけの魅力を持っています。
それに加えて評判の悪い避妊薬によくあった、不正出血を防ぐ効果も持っているのです。
定期出血があるのは良いけれど、不正出血まであるのは嫌だという人でも安心出来ます。
それに加えてトリキュラーは生理周期を安定させる作用も持っていて、今まで生理不順に悩んでいた方にもぴったりです。
トリキュラーは低用量ピルだからこその使いやすさもあるので、女性同士の口コミでも評判になっています。
海外から医薬品を輸入しているサイトなどでも、簡単に購入出来る様になっているところも人気の理由です。
この医薬品は21日間は毎日服用し続けて、7日間は服用するのを休止するといったスタイルで利用していきます。
しかし21日間も連続で服用するとなると、いつか服用を忘れてしまいそうだと考えられる人も居るはずです。
もし服用する事を忘れてしまった場合は、21日間の途中だろうと7日間の休養をはさむ事を推奨されています。
そうする事で再び正しい生理周期を作り出し、避妊効果を確実なものに戻す事が出来るのです。
しかし中には服用を忘れてしまった次の日には、2錠を一度に服用する事で対処するという方も居られます。
それでも十分に避妊効果はあったと言われる方も多いのですが、万全を考える方は21日間の周期をやり直した方が良いでしょう。
トリキュラーは価格も安い避妊薬として好評ですから、21日間周期のやり直しをする事になったとしても、コストパフォーマンスの良さが助けになります。
そして忘れてはいけないのが、この医薬品は煙草との相性が悪いという事で、煙草を吸う女性は注意が必要です。
普段から煙草を吸いながら服用しているが、避妊効果は十分に得られているという方も居ます。
しかし身体に対する負担を考えると、煙草は控えておいたほうが良いでしょう。
それに加えてて泥酔するほどアルコールを摂取しながらの服用も、かなり身体の負担になるので気を付けてください。

女性の為の低用量ピルのトリキュラー

妊娠したくない時には避妊をする必要があります。
女性には、低用量ピルの服用やリングなどの避妊具を挿入する方法があり、男性にはコンドームの使用があります。
また男女共通として卵管や精管を縛るといった手術方法もありますが、他の方法に比べ費用が高くなります。
一番簡単な避妊方法はコンドームだと思いますが、嫌がる男性も多く付けてくれない事もあり妊娠に至る事もあります。

妊娠を望まない場合、最終的に泣きを見るのは女性なので、自分の身体を守るためにも自分自身で気を付ける必要があります。
それは低用量ピルの服用です。
低用量ピルとは2種類の女性ホルモンが配合された薬で、2種類とは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの事ですが、配合量は少なくという事で低用量ピルとしています。
この薬を飲むと排卵がおこらず、妊娠した時と同じホルモン状態になるので妊娠を防いでくれます。
その他、精子の侵入を防いだり受精卵が着床しにくい状態にもなります。
服用の仕方ですが、初めて服用する場合は生理の第1日目から飲み始めます。
飲み始めの約1週間はコンドームなど他の避妊方法と併用する必要があります。
そして、毎日同じ時間に1錠ずつ服用します。

28日周期が基本で毎日飲み続ける事で避妊効果があらわれますが、飲み忘れると妊娠する事もあるので気を付けなければなりません。
日本では様々な経口避妊薬が販売されていますが、その中でもトリキュラーという低用量ピルがよく服用されています。
通常1箱3,000円弱ですが、個人輸入のサイトなどでまとめて購入すると半額以下になるなど安価で入手する事も可能です。
毎日の服用ともなるとお金もかかります。

安価で購入出来るという事は続けやすいという事にもつながるのではないでしょうか。
このトリキュラーの錠剤には飲みやすく分かるように色分けされています。
まず、赤褐色の錠剤から服用を始めます。
そして、赤褐色の錠剤を飲み終えれば白色の錠剤、白色の錠剤を飲み終えれば淡い黄色の錠剤というように順番に飲んでいきます。
順番が分かるように矢印も書かれているのでその通りに服用していきます。
トリキュラーには、21錠入りと28錠入りがあり、毎日決まった時間に赤褐色の錠剤から服用する事と28日周期という事は共通です。

何が違うのかというと21日間の服用か28日間の服用かという事です。
つまり21錠入りの場合、飲み終えた後の7日間は薬を飲まずに休むという事になります。

そして、28日が経過し29日目からまた次の周期です。
29日目が1日目となり薬を服用していきます。
避妊効果はコンドームより高いと言われる低用量ピルですが、その他、身体に嬉しい効果もあるのです。
卵巣がんや子宮体がんになりにくいと言われ、子宮内膜症の予防にもなります。
また月経痛や月経不順など月経に関しての不調改善も出来るようです。
また、喫煙者や40歳以降の女性などトリキュラーの服用に向かない方もいるので医師に相談してみて下さい。

三相性で使うホルモンの量が抑えられる低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは避妊の効果が期待できる三相性の低用量ピルで、バイエル社というドイツの有名な製薬メーカーによって製造販売されています。
この薬で避妊効果が得られる仕組みは、女性ホルモンの中でも排卵と妊娠の成立に深く関係している卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きを利用しています。
これらのホルモンを内服薬で補充することで妊娠が成立するのに必要な排卵が起こらないようにし、また精子と卵子が出会いにくい環境を作ったりするのがトリキュラーの効能で、日本では一番人気が高い低用量ピルです。

薬の三相性というのはどういうことかと言いますと、薬に含まれる有効成分の量を三段階にわけて服用するタイプの薬のことを刺します。
つまり、同じ1錠の薬でも、その中に含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量は異なる3段階になっているということです。
指示された順番に服用していくことで、体内では本来の自然なホルモン分泌パターンに極めて似た形で妊娠しにくい状態になるようホルモンを補ってバランスを調整することができるのがトリキュラーの大きな特徴です。

三相生のこの飲み方ですと、元々のホルモン分泌パターンに大きく逆らうことなく避妊しやすいホルモンの状態を作り出すことができるので女性の体に対する負担は格段に減らすことができます。
また、三相性になっていることで1錠あたりに含まれる卵胞ホルモンや黄体ホルモンの量は多・中・少に分かれていますから、三相性でなく同じホルモン量が含まれる薬を期間中飲み続ける方法に比べると、性周期1サイクルの間にトータルで摂取するホルモンの量はかなり少なくなっています。

本来の体内でのホルモンパターンによく似ていること、1サイクル期間にトータルで摂取するホルモン量が少ないことはトリキュラーを用いる最大のメリットで、他の低用量ピルに比べて副作用症状も現れにくくなっています。
これらが、この薬が国内一番人気の低用量ピルと呼ばれる大きな理由です。

三相性にすることで微妙なホルモンバランスの調整をするのがこの低用量ピルの効能なので、実際に服用するにあたっては飲み方に関して医師より細部にわたって指示があります。
まず3タイプの薬を飲む順番を間違えないようにすること、食事の影響は特に受けませんが24時間のうちできるだけ一定の時間に服用することなどが服用上の注意点です。
どんな薬でも体内での最適な血中濃度というものがありますが、同じ時間に服用を繰り返すことによってこの最適な血中濃度が維持できるからです

もちろん、避妊の効果を最大限に得られるようにするには飲み忘れにも注意が必要です。
トリキュラーは三相性のピルなので、全体では体内に補充する女性ホルモンの量は他のピルより少なくなっていますが、医薬品である以上はやはり副作用の可能性はゼロではなく、使い始めの時には一過性で頭痛などが起こることもあります。
安心して服用し、避妊の効果も最大限に得るためには、医師の指示を守り、また少しでも不安なことがあればすぐに相談するのが一番です。

避妊効果もほぼ100%で副作用が少ない

望まない妊娠などもありますし、男性だけでなく女性も避妊をする方法がありますのでこれをしておくと安心でしょう。
その1つの方法にピルを毎日服用するという事ができます。
中でも人気があり、日本の女性からも支持されているのがトリキュラーになります。
初めて服用をしてみるという方からも人気があるのですが、実際に服用されて続けている方からも支持を受けていて長期ユーザーも多いのが特徴です。
特にトリキュラーは体への負担も軽い低用量ピルになりますので、吐き気やむくみという副作用が少ないのも利点になります。
中にはこのむくみなどの症状が出やすいピルもあり女性を悩ませている原因にもなっていますので、そういった意味でも人気があるのには頷けます。
成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つで、服用をする事で身体が妊娠している時と同じホルモンバランスになる為、妊娠する事を防ぐ事ができます。
低用量だから効果が薄いなどという事はなく、正しく服用を行う事でほぼ100%近い効果を実感する事ができるでしょう。
服用の方法としては月経の第1日目から1日1錠を3週間服用する事となります。
そしてその後1週間お休みをする事になり、これを何回も繰り返して服用していく事となります。
万が一前日に飲み忘れが起こってしまった時や飲めなかった時には、そのまま次の日に通常通りではありません。
その忘れた日の分も一緒に次の日に2錠飲む事となりますので、その点には注意をしましょう。
医薬品で副作用もありますので飲み始めにはいつもにはない頭痛や吐き気を感じる方もいますが、1週間くらいでこのような症状は改善されていきます。
その後ももし症状が続くようであれば、まずはお医者さんや薬剤師などの相談を行ってみましょう。
妊娠の時の同じようなホルモン状態になっているので、中には乳房の張りや月経外の不正出血などを感じる方もいます。
トリキュラーでは避妊の効果も期待をする事ができるのですが、その他にもメリットがありますので覚えておきましょう。
まず卵巣や子宮体のガン予防を行う事ができますし、卵巣炎などの感染症予防を行う事ができます。
女性特有の悩みを予防できる効果がありますので、将来の事を考えた時にも安心をする事ができるでしょう。
中には毎回生理が来る度に月経痛で悩んでいる方もいると思いますが、そういった痛みや月経不順なども改善をしてくれる効果もあります。
お医者さんにしっかりと相談をしてから服用をしたい場合にはクリニックで購入をする事ができますが、説明も自分でしっかりと読む事ができできれば安い価格で購入したいという場合には、海外医薬品の代行輸入サイトを利用して購入する事ができます。
始めはお医者さんにも相談しながら購入して1か月服用をして、調子が良ければそのまま海外医薬品の輸入代行サイトを利用して購入するという事も可能です。
長期的に服用を続ける医薬品にもなりますので、自分に合った方法で購入をしてみましょう。